ヲタ子ルヒとツンデレ子ナミとアイドルカルーちゃんとの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照明

"cand/ela" Glow と言う製品を買いました。
柔らかい灯りの充電式携帯ライトです。
ttp://www.assiston.co.jp/?item=851

鳥は間接照明とか暗い灯りが好きなのです。
オレンジのキャップをかぶせてあります。夕日の色みたいで落ち着くのがまた良いです。
スポンサーサイト

プレイヤーにはならない

ニコ動で杉田さんのセリフを集めて銀さんのお顔にかぶせた作品を発見。
銀さんは絶対に言わない(けど二次的には見た気はする)告白系セリフばかりでもう赤面してドキドキ。

ただ…やっぱり『お妙さんに言ってるのね!』という方向にしか回路が働きませんが。

美味礼賛

書かなくなると書かなくなる日記の罠。
でも子供の頃など書き続けることが苦手な自分がこれだけ続けていることの方が驚きでした。だってサイトやってる間だけ日記書いてるし。
鳥さんも大人になったなぁと (充分すぎますが)


最近は淡々とした日常を送ってます。

ウソ!忙しいながらも酒浸りで相変わらずネタは満載というか子らの突っ込みが厳しくなっててネタだらけの我が人生!なんですが書き込めてないんです。双方の職場の近いところに住み始めたので揃うことの出来る核家族し始めた結果、漸く家族してますという感じで。突っ込みが激しかったりなぜだか一部屋に全員集まったり部屋どころか洗面所に集合していたりある意味変な感じですが、皆で笑ってます。コッソリ話を打ち明けられていたり文句を言われたり。スキンシップが濃すぎて息が詰まったりとまぁ色々。
その他しなくてはいけない返事を考えて考えていたらかけなかったりという所もある。ちゃんと返事します!!(かなり私信的に)


でも、そんな鳥さんにもご褒美が。一昨日はのおやさんとでぃ~なぁ~に行ってきました。
先月お世話になったお店だったんですがワインと料理と小鳩が美味しくてねーーその場でリベンジを決めたという気に入りブリだったんですがやはり二度目も美味しかった。
美味しい料理と良いワインを前に開けながら学習できるワイン教室(言葉はさっぱりーー感性のみ鍛えてる)で、初試しの赤!だったんですが流石のセレクト。最初から良い水のように飲みやすくて突き出しから進んでしまうのに料理の山場直前に変化が始まったと思ったらいきなりブーケになって咲きそむる状態に。お料理もねーー。メインの食材自身をギリギリまでの塩で美味しさを引きだしてるのに更に足し算。食感が足されたり風味が足されたり、なのにあくまで主と脇がそのバランスをきちんと保ってる。見事でした。

実はその日の昼に新職場のボスとランチがあったんで、お腹の具合がどうかと思ってたけど何のそのルフィのように食べてしまったよ。美味しい友と美味しい料理とワインと来たらもの凄いマリアージュでした。
お昼も美味しい素敵なお店だったんですがやはり緊張感付きでちょっと惜しかった。ボスのお気に入りらしくそう言う店に連れてって貰えるというのはありがたいことなんですがね。

その場で次回の予定を立てる二人。
良いお店ですよーー。良い感じに放置してくれていそうできちんと気が配られてる。お店の最低条件と言いつつ体現は難しいことをやってくれてます。
バランスの良さって気遣いなんだなぁと考えさせて貰える。
うふふふ。たいせつな日は大切に祝う予定になってます。

誘発

お昼に沖縄料理店を見つけてらふてーそばを食べました。
オリオンもつけました。
・・・・・。

中身汁とゆし豆腐とパパイヤいりちーがたべたい。ああ食べたい。

これだから

風邪も流行ってます。
カルーちゃんが頭痛で月、火と休みました。
インフルエンザも疑って検査しました。ちょっとタイミングが早いので私は仕事もあるし、もう少し家にいるはずの相棒に後でやっておくように頼むと
「今でもかわらんやろ」

それ、プロの意見じゃなくて嫌われたくないおとーさんのセリフ。
結果陰性でしたが早過ぎたんじゃないかなぁ?
いつも面倒見てるママにはメールで「痛かったです」と書いてくるくらいで仲良しです。

蓬髪

日曜に髪を切りました。

子ナミ曰くの ルフィ崎さんヘアー だったのでもう嫌で嫌で溜まらなかったので実家側の昔の行きつけに飛び込みました。
今の家の側には素敵な美容院も沢山あるんですが縁を得るのは難しい。

たかが髪一つですが。

伸びました

体脂肪計があったので乗ってみました。
身長体重体脂肪水分量と図れる優れものさんでした。
表示画面は伏せながらプリントアウト。

身長と体重が伸びてました。

腹の脂のわりには体脂肪は普通なのでちょっとほっとしつついるのですが体重は気にしようと思う(原因は夏のビールとワインなのは重々承知の上)・・けど何で今頃身長が?しかも夕方計測なので縮んでいるはず??
些末だけど5mm伸びると四捨五入がずれるので鳥的には気になりますし、この巨体を更に大きくしたいわけではないのです。

最近は近所のお店にある乗ってるだけで運動になると言うマシーンを数回試したのと骨盤回しも流行のしっぽ辺りに乗ってやってみたくらい。ただ一日一回くらいだけど腰を回していると、気になってた足のむくみは減った気はする。足の付け根のリンパの辺りをマッサージしても痛くないという利点は感じていましたが腹回りは変わらないんだがな?そういえば足の間の隙間が減った感じもする。ここで矯正されたのかなぁ????
プルプルは10分乗ったらじんわり温かくなって脂肪が動き始める気がするのが気持ちいい・・けどその後運動したり食事を減らすと良いだろうけどその直後に食べたら余計に脂肪になりそうで諸刃だなぁと感じてました。

ジムとかで運動するには時間が足りないのでもう少し腰を回してみようかと。
ベリーダンサーになったつもりで!(他人には見せられない姿だけど・・笑!)

緊張と緩和

子ルヒの学校に行きました。保護者会です。先生とお話もしてきました。

色々想定しすぎてちょっとドキドキしていましたが予想以上に良かったので嬉しくなって季候も良いしと帰り道の電車を1時間歩いてちょっと店も冷やかして帰りました。一挙に一万歩を久しぶりのミュールでやると足首の前方がちょいと筋肉痛。

やらかされた

ワンピの2009カレンダーが届く予定でした。
甘損のコンビニ受け取りを指定しました。

発送通知までしといて今更『コンビニ受け取りが出来ないサイズでした』をやらかしてくれるとは。

ソイさんの日記写真への心配りに感謝しつつも羨ましいので買ってきます。

リピーター

子ナミさんのシューズが穴が開いたので
(彼女は気に入った物はしゃぶり尽くす人だから)
買い換えることにしました。

同じ物をオーダーされました。ネットで良いそうです。
カルーちゃんは超軽量のレモ/ンパイの指定を受けたのでこれもネットで。

おしゃれな靴は良いーーっぱい売ってるんだけどなぁ。

インフルエンザやってます

冷やし中華のような季節感ですが。
今年も恒例の予防接種をいたしました。
今年は相棒に教わった痛点の少ないところでチャレンジ。
辺りは痛くなかったけど中に入ると少しは痛かったです。
でもその後数日経ってもあまり腫れなかった。
例年の違いはいつも不思議です。

トイレに逃げなくなった辺りカルーちゃんも進歩しているようです。
(けど顔は引きつる)

フリカケ

流星の/絆を子ナミと録画してみました。
東野さんの作品は昔は好きで読み倒しましたが最近はちょっと遠のいていたので鳥も原作知らず。
ちょい調べると良い感じの終わりを迎えそうなのでこのまま録画続行が決定いたしました。

あの冷静な顔のうさぎ漫画にカルーちゃんと子ナミさんは惚れました。

夢をかな/える象は相棒曰く「パパと子ナミとカルーちゃんが楽しみにしてるんだ!」
故意に私を除外したな。


今期は我が家のくせに二作品も追うのだね!すごっ!

蕎麦

最近はまっている蕎麦屋があります。

元来職員食堂の200円の蕎麦しか食べられず、『ヤマイモを練り込んだ!』素敵な作品(多分鳥さんはヤマイモのアレルギーがありそう)はあまり食べられなかったんですが、新蕎麦も走り終えた頃でしょうけど出してくれる蕎麦の風味が絶対に甘い。
上のトッピングも(しかも絶対にトロロはあるのだ)の多彩さとかネギとかわさびの薬味は一切いらんからそのまま出せーー!と言う気分で頂いてます。せいろってこれはザルのことと考えていいのかな?蕎麦以外はむしろ邪道な感覚。

味覚が口腔内の粘膜への刺激だというのももの凄く驚いたし、鼻に抜ける風味も良いし。
噛むという行為よりもぴたっと粘膜に絡めてから奥に流れゆく感動ってのがもの凄く快感でしたよ。

関西にしては濃いめのおだしも良いのですが、塩で食べろと言われて更に目から鱗!!!!
元来、甘口文化の南方の味覚は好きですが(家族がそうだ)自分の本質は中トロや穴子を塩で食べさせてくれるお店で心拍数あげちゃう【タンパク質と塩があったら生きてゆけそう】な人種なので、当然我が家にも塩として使う物でも5種類は。バジルソルトなどを含めたら塩だらけですが、(そして一番少ないのは甘味。三温糖と味醂しかない)それでもこの粗挽きの蕎麦と粗塩の組み合わせは反則ですぞーーーー!!と楽しんできました。
そば湯の美味しさを理解したのも最近だと思います。

けど関東の方の濃い汁の色を見るとかなり引いてしまう辺りは西日本文化圏所属を伺わせてます。

ゾロ誕のこと

fc2さんのトラブルらしい。
何度書いてもうけて貰えなかったどころかその前の日記も飛びました。
思わずトップに愚痴書いてますよ。

あー書いてあったぐだっとしたところとかも吹き飛んでめでたいところもあるんですが私の決意も飛んでいったのでこっちはもう一度。

今年はうちのゾロ誕の会場は作れません 多分。
何かは書きたいと思ってるけどね。

「私は 書かない側に 残るけど いつか祭りをやったときには もう一度 仲間と呼んでくれますか!?」
ってな感じで。

三つ子の魂・・

知人の名前と顔はおろかその家族まで覚えるカルーちゃん 以外は我が家4人とも他人様の顔と名前を覚えるのが超苦手です。筆頭は多分子ルヒ。

子ルヒ「今週の日曜に5~6人の友だちとカラオケ行っても良い?」
ええ!?今のアンタでもそんな遊びに声が掛るの???
幹事は去年の同じクラスの方ではないらしい。
「で?誰と行くの?」

子ルヒ 「さぁ??」

未だに変わってないんだね。

指令:基準を満たせ

自分の次に子供にバカ甘な相棒ですが、規定基準はかなり厳しい。
「子ルヒ?これが欲しいだと?なら○◎と×●と△×と・・・やっておくように」

すっかり忘れて半分くらいしかしない子ルヒには母が背後霊。
かるら「子ルヒ。それ、○◎と△×が終わるまで母預かりね。それから×●はヤバイ方面だから・・」
殿の一声「ヤバイ方面はダメだ」

双方の基準を前に子ルヒは常に欲と戦ってます。
戦え子ルヒ。
我が家のラスボスは常に二重の構えだ。


これがカルーちゃんだと「いつもパパにナデナデさせてくれたらいいよー」
やっぱバカ甘親だわさ。

金銭教育

バカ甘な父親がいるので欲しい物(ゲームや本程度)はねだってみると多少のことで手に入るうちの子らにはお小遣い制がまだ成り立たず。そうでなくとも正しい金銭の価値を子供に仕込むのは私には難しいです。修行修行。


学校から来た『バザー出品依頼のお知らせ』
あー去年子ルヒが学園祭で本領発揮してた奴かー。

「手作りでも良いって」
「無理ーー」
「ババちゃん(姑)の適当とかママのビーズとか」
「お金貰うって半端ないヨ。あれだけ作ってるババちゃんも売るって言わないでしょ」
姑さんはもう数十年、かなり沢山手芸品を作ってる人です。作った物はただで知人に貰ってもらってます。町内会のお年寄りだったり手伝って貰った方にだったり。ただ貰ってもらうにしてもなにやら沢山の気遣いなさってます。我が家には気遣い無いのが幾つかある(笑)ので大体飾ってあると思う。しかし、かけてる金額もですが新しいことでも知らない技術でも、なにより本人のヤリコミ度がもの凄い。さすがは相棒の母子ルヒの婆なのですが。それでも。
神の声 「素人が沢山練習してもプロとは次元がちゃうで。ましてお金もらうなんて。」

姑様の格言は正しいと思ってます。
料理一つでも皿一枚でお金を頂くのはたいへんたいへん。
自分も技術で仕事しているせいかもしれませんがね。

「そーだねーママ最近ビーズ(のアクセ)買ったでしょ?」
そりゃ仕上がりと服の汎用性に見合ったお値段かはきっちり吟味するよ。だって作れそうなら自分でやるじゃん。

毎夜の出来事

来月に入ると仕事がもっと忙しくなるので今のうちに雑事を と午前中に頑張った。

例 :朝五時起床。


ちょっと待てーー気合いの入りじゃなくて、寂しくて親の布団で寝る子ナミさんのキックに数回起されたので。夜中に枕を投げてくるナミさんと寝てて笑ってたビビちゃんは偉いなーーーと。思いつつも相棒の布団に侵略したり相棒の足を枕にしている子ナミを引っ張って修正したり。年頃の娘がこの状態なのはまだまだアンバランスだからでしょう。さぁ遠慮無く母の腹で甘えるが良い(でも寝てる途中に蹴られたら起きて子ナミの身体を引っ張って遠ざけるけど)

その頃のカルーちゃん。
くーかくか。
「何で昨夜寝た姿勢と逆方向に頭があるのかな?」
血は争えません。

越冬準備

おしゃれにはポリスーの煩い子ナミさん。
基準は 色>感触>>デザイン。冬はユニ●ロが良いそうです。
冬のパジャマホームウェアには必須ですがね

生成とオフホワイトの間みたいな色の1000円のあったか下着とやらを買ってみました。つるっと肌触り良好。けどきっと行きたがってるスキーの時ぐらいにしか使わないくせに。

「パパの10倍くらいお高いシャツに似てない?」
「・・・・・・・・・だね」
「パパァ!お揃いだよーーーー!」

そっと覗くと、子ナミのシャツの感触を気に入った相棒が睨んでました。

秋の味覚

今夜はサンマと頂き物のサツマイモ入り豚汁とお漬け物。に明日の予定の平目とホタテの刺身を子ナミが、ハッシュポテトをカルーちゃんが要求しやがった!その他頂いたスープ用のカボチャにまだ手を出せないでいる。

秋の味覚だなぁ。

やっと美味しい魚に巡り会って以来子らが焼き魚を少しは食べてくれるようになりました。けど骨の扱いが下手っクソなのは経験値の薄さかと諦め中。
子供には上品から下品まで何でも食べられるようになって欲しかったんですが相棒の偏食遺伝子に負けた気配がする。酒の肴とオリーブオイルに娘達の食い付きが良いのは鳥の遺伝子だと思うけど。ああ、相棒じゃなくて殿だった。

子ルヒ頑張る

子ルヒ君の体調のためにドーピングを図ったところ100体分の影を取り込んだみたいなナイトメア子ルヒになってしまいました。凄く効いたけど本当に毒と薬は紙一重かもしれない。
薬が切れて今はチビ子ルヒみたいにしぼんでますが。

温故

不思議な縁有って母校の情報を検索すると写真付きの同級生や知人が老けてました。
自分も同じく年は食ってますが皆の活躍と安全を祈りつついます。

情熱と携帯小説考

元々テレビを見る習慣が少ない、ので話題の連ドラなども何かきっかっけが無いと殆ど見損なう。それも良いかとあっさりしている我が家の今期の録画物は子ルヒがアニメとカルーちゃんが夢をかなえる象を楽しみにしてる。
話題の本だし小説版を読もうかと思ったけど本の重さに負けてまだ手を出せてない。図書館戦争もえみりんと同じ理由で(苦笑)。こちらはコミックスは見たけどそうなると原作を読みたくなる。やはり原作読んでこそだとは思うので。ストーリーの展開の良さはわかったしキャラクターもわかった、だからこそ行間の背景とか心理描写を楽しみたいんですが、ハードカバーは苦手でして。重いんだよ。お片付けが邪魔なのよ。図書館で借りようにも待ちの人数を見て引いてしまって。今ではゆっくりと待つ気になってます。


携帯小説に86才の御大が手を出した話を新聞で見て携帯小説についての意見をネットで探して納得。個人的にはアレは読めないんですが、本になって映画になって宣伝文句がど派手すぎて不思議だった。が、女の子のツボとなるポインツなど古今東西どれも同じでそれを言葉を持たない人たちがそれでも自分の内なる物を現したいという良い言い方情熱悪く言えばもっとどろっとした物を軸に溢れさせるとそうなるのだと。それこそが取り憑かれる魅力なのだと言われるとなるほどと思う。情熱は最上のスパイスなのだから。けどそれはスパイスであって食材自身はトホホかも。言葉を持たなきゃ表現が間違ってるとか漢字がないとか使うネタが過激とかはしょうがないんだよなぁと。
それが『小説』と名乗るところに引っかかる人も多いみたいで私もそうだからこの心理は実は良く判る。自分の大切にしている物を踏みにじられてしかもそれに酔ってる酔っぱらいを見る心理になりがちなのだが、そうまで目くじら立てるには相手が間違ってるのだろう。

ただ、子供がやってることと割り切れないときに自分の狭量さが嫌になる。子供じゃない人が同レベルの振る舞いをしている姿のみっともなさにも眉を顰める自分に嫌気がさして、結果的に自分が楽しかったことを誇るのも大人げない気がしてくる。間違いなく澱んだ負の連鎖だ。こういうときに同人屋は分野移りをしたくなるのだろうなぁ。書いてる人が新しいジャンルにはまったときの作品が書きたい生臭さと支える文体のテクの掛け算が一番美味しいというのもそうかもしれないと思う。書き手にも旬は大いにあると言える。

あ、こうまで書いてるけど自分がやめたいとか人にやめろとかそういう気持ちは一切無いんですよ。我が事に比すれば日記を書いてない言い訳くらいかな?
こういう一般論の分析と自分の嗜好が一致しない癖が小学生の頃からあるようです。小学校の卒業様に書かされた社会科の小論文~日本史を検討する~ってのがあったんですが、でた結論の反社会性に自分が驚いた経験があります。結論は結論、自分の願望とは全く関係なかったんで子供心にとても困ってました。その頃の鳥さんはもの凄くよい子だったんで(ホントだよ)。

こうやってただだらだらつらつらと書いてる。レベルは正しく携帯小説。

今日は銀ちゃん

銀さんお誕生日おめでたく。

一人分の人生終わった後のそれでいて枯れてない(おかげで魚が腐ったような目になる訳だろうが)愛すべきおっさん。自分の手だけで守れるものの大きさをわかってるのに、おいたする年じゃないのにやっちゃう青臭さ。この辺りが貢ごうとする女がころころ出てきても良いんじゃないかと。でも銀さんはわかっているからあえて無視するんじゃないかと。

9月はシカマルもテマリ嬢もお誕生月間で、10月31日はお妙さんだから美味しい。読み放題出来て楽しい。原作からして活躍中の二組だけに盛んだし。
と喜んでいるうちにマリモ誕が来るんだが。

愛でたし楽し。

娘って素敵♪

子ナミさんと好きなアニメ(のめざしてる方向)傾向が似てるんですが。

今は銀さん(トシミツ)とツバサとWJで子ナミさんと盛り上がってます。

病多き頃

今の時期、アレルギーとか簡単な風邪とか喘息とか案外病が多いんですが。

相棒の病はまだ滞在しております。
鳥さんも子ナミさんも最近頭痛持ちに腹痛持ち。
カルーちゃんはうさぎなので寂しいと哀しくなってしまう病。
子ルヒは変わらずマイペース病。

流行?
けどそれらの対策に追われて実はちょっと疲れてるー

落ちない話

なんやかやと忙しくて書く態勢に入れない。
書きたいという気持ちはあるんですが、今の生活が殻のようにその気持ちを固めてる感じ。

今の自分は9月から始めた仕事が10月には言ってしっかりと責任と自由を手に入れたという状態です。まだやりにくいしまだ幸いトラブルもないからなんとかなってる。
仕事だけなら以前の方が拘束時間が長いんだけど、自由な時間はその分今の方が家庭と家事に比重を置いてスライドさせた生活になりました。以前よりも子らを見ているし関わっているし。子供が大きくなったら手も目も離れるかって、そんな訳ねーんで。(うちの連中だけかもしれんが)けど「今」大事に見ておかないといけないという勘に似たものが現状の私の行動原理のようです。
家事のほうは今はようやく let's核家族 な状態なので自分のペースで、でも常に計算と行動している状態になりました。増えたのはこっちがだけどな。それでも元に戻りたくはないと今は思ってる。

書けない言い訳よりも自分の整理のためにこれを書いてる。
のでオチは無しーー。

進化する呪文

夜も更けて、明日学校に持ってゆく水筒が一つ足りないのです、おやおや。
子ナミさんの水筒のようですねぃ。

今日の無いものを見つけ出す素敵な呪文はミュージカル風で。
ステージ子ナミのお部屋。マーマーマー。
「♪子ナミの水筒♪見つからない♪見つからない♪」
輪唱が帰ってきます。
「「♪見つからない♪見つからない♪見つからな・・」」
視線は一点凝視してから泳いでますけど。

以前は帰ってくるのは輪唱だけだったんですが今回はこの呪文を唱えると何もしなくても水筒が洗われててました。
進化進化。

子ナミの勘

夜になってから子ナミが珍しく「本屋行きたーーい」と言ったので自転車漕いで。
昼は一週間ほど滞在してる実母のお相手をして帰宅してた相棒を診たり(まだ変化無し)して疲れてはいるのですが。

今日見つけたドロヘドロ新刊。こんな時期だっけ?すっかり未チェックでした。子ナミも知らなかったんですがね。
うわーーーーって感じを読むためにコイントスで順番を決定してました。
負けた子ナミ不満、せっかく本屋行きを提言したのにちょっと不満


プロフィール

かるら

Author:かるら
別名 鳥 。
三児の母。医療系職人。

最近の記事
最近のコメント
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
九星
リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。