fc2ブログ

ヲタ子ルヒとツンデレ子ナミとアイドルカルーちゃんとの日々

迷子は進むよ 

子ルヒと学校の説明会に出かけました。
先生の「おうちの手伝いはしましょう。それに荷物は自分で持つようにしましょうね」と言う不思議なお言葉に大きく頷いてどえらく重い教科書は子ルヒ君が持たされ持って帰りました。
流石に重くて制服と体操服は持ってやることにしましたけど。

帰りの電車(乗り換え)あたりでヒィヒィ言いながらいつもの駅(子ルヒの塾がある駅)で。
子ルヒ「あ、電車の乗り場所間違えた」
電車なら降りた駅で一番階段が近いところに照準を合わせて乗りこみますよね。その場所を間違えたと。

え?
ここはいつもの場所。
「ママ駄目じゃんか、こっちじゃ下りのエスカレータの方だよ」
そうかなぁ?ここで良いんじゃないの?

子ルヒ「賭けようか?(きらーん)」

いいけど?お金ですか?レート諭吉さんまで上げても良いよ。
「ボクがお手伝いしなくて良い権利で。」
そっちが狙いか。
では今日一日ゲームを一切止めて手伝う義務と賭けようか。

成立したかなぁという時点で電車が動き出しました。
「あ””””””!!!!!今の間違い!!!間違いだよぅ!反対に進むと思ってたのに・・・・・・」


常駅で進行方向も迷うなんて。
しかも自信ありげな母に賭を挑むなど三十年早いわ。
コメント
伝説の樹立
そうそう!帰りのショッピング予定とかおじゃんだったので最寄り出来のスーパーの買い物に行くために『賭の内容変更』してあげた優しいお母さんの鳥です。

(母の鞄も含めて荷物全部駐車場までレッツゴーと言うことで)

子ルヒの場合慣れてからも絶対何かしてくれそうに思うんですよ。子ザルちゃんの迷子因子はどう?母似?それはそれで・・・(ごにょごにょ)
2007/02/26(月) 17:38 | URL | かるら #JalddpaA[ 編集]
教科書は重かったですね…確かに
うちも自分のものは自分で持てと言いました。
他のは持ってあげましたが、その帰りのショッピングはあまりの重さに取りやめにしたほど。

無事に電車通学もできるといいですよね。慣れるまではいろいろな伝説を作るに違いないと期待しています。
2007/02/25(日) 12:04 | URL | えみ #ncVW9ZjY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かるら

Author:かるら
別名 鳥 。
三児の母。医療系職人。

最近の記事
最近のコメント
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
九星
リンク