fc2ブログ

ヲタ子ルヒとツンデレ子ナミとアイドルカルーちゃんとの日々

おおかみこどもの雨と雪

この週末に観てきました。元来娘と私と細田監督ファンだから楽しみにしておりました。
ワンピ映画のついでに観た『デジモンアドベンチャー』で出会い、『お祭り男爵・・』は最高の二次作品だと称賛し、『時をかける少女』『サマーウォーズ』もDVD持ってます。


私は細田監督と同じ県出身なのです。うん、富山。
日本地図上では地味に何処だっけ的な県です。ブリも富山ブリじゃないしね。その点怒る気ナイナイ。それでもサマヲでも今回も新川という見事にローカルな地名が出てきます。

ストーリーは大人向けです。淡々と話は語られてゆきます。何か強く訴えるメッセージとかジェットコースタームービー的な物は何もありません。『母親が子供を育ててゆく。困ったり理解出来ない事も受け入れながら』というちょっとおとぎ話的なそれ故に何より美しい話です。アクションとかホラーとかそういうのが好きならもの足りない感じはあるかも。ただ受け取りたい話でした。

キャラクターとしては育ち行く子供達には時分の花を巧く捕らえた別の意味でのドキドキする魅力がありました。
十代入り口の少年少女の一瞬魅せる危うい美しさというものが視線にも体型にも姿勢にも溢れまくってるんですよ。子ナミさんは『雨』君のファンになって帰ってきました。私もドキドキした。お姉さんの『雪』ちゃんも育ってからがもの凄く綺麗。

舞台は山間という名のモデル富山
富山を観る作品として、更には故郷富山を離れた人には是非観て頂きたいと思った映画でした。【心臓にいい背景CG】のうたい通りに呉東のエリアから見慣れた立山連邦、剣岳がこれでもかと出てきます。室堂や称名滝や山間の棚田的な風景や木造の校舎、はっきり判る富山の懐かしい風景が実写とはまた違った意味で鮮やかです。そして雨の降る景色を、滝や川の水の匂いまで届きそうな映像を。
何より私が感じたのは土の色でした。これ、富山の土の色だと本当に思いました。他に説明出来ないですけど同じ日本海側でも東北や山陰とはまた別の色合いだと思います。空の色もね。その違いを他の言葉に出来ないけど。
これで多少の話を書いてるとかもう笑えない。

綺麗な作品です。みんなに観て貰いたいなと思ったので夏なのにちょっと熱く語ってみました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かるら

Author:かるら
別名 鳥 。
三児の母。医療系職人。

最近の記事
最近のコメント
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
九星
リンク