FC2ブログ

ヲタ子ルヒとツンデレ子ナミとアイドルカルーちゃんとの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり遂げた奴は尊敬する

何でまたネタに?と言われそうだけどこう言うのもはまっていると言っていいのかな?
【花より男子2】の第十話を昨日見てました。

これは前にも言ったかな?子らの英語の先生が大絶賛してるので付き合いで見たんですが最終回一歩手前で盛り上がってますね。
私はこの3回ほどしか見てないし(付き合いだから)原作もほとんど知らないし読む気力もないのですが今回ゲストで出てきた【なかじまうみ】と言うキャラの作りの巧さに心から拍手しました。

この海ちゃん。
可愛くて明るくて人のために一所懸命な人気者で自分でも人のためにばかり動いてると自覚している女の子ですが、本質は自分の我欲を優先することを恩着せがましく他人を巻き込み追い詰めることになんの罪悪感も持たない己という現実を見ない利己的人間という非常に戯画的な設定。

お邪魔キャラとしては見事なバランスだ。こういう見せ方をしてくれてるのが原作なのか(marikoさんが書いておられたけどこのキャラ原作にお出でなんですよね?)、テレビ側なのか、俳優さんが巧いのかは判りませんが感心しました。
だって、自分にはこういう人間を筆で書けないなぁと思った事があるからね。


かつて私はこういうタイプの人間に疲れた時期があるのです。やることは「人のためだもの自分なんてどうでも良いの」「あなたには判らないのだろうけど私には判るの私のいうとおりにする方が良いわ」何故人気者のその人を自分は嫌いなのか理由もわからず、あげく嫌う自分が悪いのだと思いこんで自分を責めるという嫌な経験でした。結論はね、【本当はもの凄く嫌な奴だったから当然のレベルで大嫌いだった】なのですが、その人が「自分はいい人だ」と宗教的に妄信してその宣伝が悪魔的に巧かったから判らなかったんです。
そう悟って、ならば文にでも書いて消化(昇華よりはこっち)しても良いかと思ったんだけどこういうキャラって天然さとずるさのそのバランスが難しい。
これを出来る方を尊敬しました。
他のキャラは・・・・・。あえてコメントせず。ですがこれでも15分延長SP見せていただく予定。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かるら

Author:かるら
別名 鳥 。
三児の母。医療系職人。

最近の記事
最近のコメント
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
九星
リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。