FC2ブログ

ヲタ子ルヒとツンデレ子ナミとアイドルカルーちゃんとの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トッキュー!!20巻

ワンピの感想は言いたいことが溜まりすぎて頭がガンガン言ってるくらいなんですが今はトッキュー最終巻発売にてぼろぼろに泣きながら読んでた話など。


リアルさとキャラの魅力に惹かれて貸して頂いてからむさぼるように読んでいた作品なんですが、最後に泣かされたのはこの話が伝えるリアルさと写実の凄さでした。
おそらくは加筆されたのかな?神兵の告白の回のおそらくはタイムリミット72時間が迫ってきて救助隊が味わう無念さ。無言の写実によって語られる2ページに、目の前でぽろぽろこぼれる救えなかった命に、そして彼らから伝わる無念に、そして理ありのに本体が味わわされてしまった重すぎる無念まで含めて伝わりすぎて、電車の中だってぇのにもの凄く泣かされていました。
助けようと動く側には国境も無く、思いはただ一つ。それでも現実には私達の手は小さくて語れぬ思いばかりが増えて、そして失われることにも慣れてゆくのですが。理不尽な謗りに疲れて萎縮した私に語るべき口はないけれどそれでですら火をつけそうな重みのある一冊でした。

キャラも可愛かった、けどなにより読ませてくれてありがとうございましたと心からお礼が言いたい作品でした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かるら

Author:かるら
別名 鳥 。
三児の母。医療系職人。

最近の記事
最近のコメント
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
九星
リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。