fc2ブログ

ヲタ子ルヒとツンデレ子ナミとアイドルカルーちゃんとの日々

ワソピース

ここのところ珍しくアニメを見てます。久しぶりに使う言葉だけどワソピースです。W7後からは割合良かったんですが所詮・・なのでいつもは子供達用に録画だけしてあるんですがくま様とゾロの辺りですからね。on timeで見ちゃいました。当方の居るところでは放映が二週ほど遅いので公式ページよりもさっくり遅れてますがネタ的には問題なくいっそ気になるのは演出ですが、やはり動画の迫力というのは凄い物がありますねー。今回のは絵柄の、構成の迫力に見甲斐がありました!
そりゃ好きなシーンだから見るんですけどね、T映なのに!ゾロが良かった、絵柄も良かったと言うかとても彼らしかった。
以前『自己犠牲』と自分は感想で述べていたけどそうじゃない、今の自分は勝てない、だから選んだゾロらしい戦い方なんだと改めて感じてました。

後は演出に興奮しててくどくなるので続きへー
ウルススショックで倒されてしまったナミさんはとても美しかったし、ルフィを取りあげようとするくまの方に一撃加えた後のゾロの衝撃を受けた顔がもの凄くらしかった。この辺りで作画の魅力的なことに気がついてドキドキしてました。「今の」自分では絶対に勝てないとハッキリ認識して、それはつまりルフィを失うと言うことで。選べる手段がただ一つ身代わりだと一瞬で理解して意地を通す。その時の一味を守るという言葉の使い方には仲間へのゾロの矜恃も感じられて。身代わりを申し出るサンジの意識を奪いくま様の前に立ち、くまへの筋を通すために三本の刀を捨てる。これはどれが欠けてもゾロじゃない。態度は不遜な漢ですが、相手を見きってからの礼儀に関してはもの凄く折り目正しい漢なんですよ。そして本質。今、自分は勝てないだからといってルフィを海賊王にさせない、一味を崩壊させると言う負ける道は選ばない。「二度と絶対に負けねぇ」とルフィに誓った誓いはこの形で成立してるんですよ。
ゾロという漢が選ぶだろう道だと思います。勝てずして猶負けない。その心意気あっぱれと、だからくまもゾロの要求をのむという形を譲ったんでしょう。
難をあげればサンジの作画に疑問符が。体型が何となく変だった。後半の絵柄は前半の迫力には及ばないと思いましたしサンジがよろよろと出てくる最初の解釈には微妙な気分になったけど、仲間への伝言をゾロに託そうとするその背中と声ではサンジはあくまでサンジだった。それにゾロがイラッとする辺りの描写も良かったし、二人がこの行動を取ったからこそくま様が『更に』折れてゾロに選択させるという形を取ったのだろうとよく伝わってきました。
皆が起き上がりルフィが元気で、そして駆け出すサンジを見送るブルック。本誌ではあえて触れなかった辺りも硬質な良い空気をはらんでました。何だか良かった。見応えありました。
コメント
thanx
いやびょりさんのお陰でアニメの立場とか状態が判りやすくなっているのでもの凄く感謝しております。
それでも。

神回でしたか-----!!!
ありがとう!!!!!!!!!!!!
娘には誰だってかっこよかった(除:サンジファン)といわれましたがもの凄くゾロの本質を描いた回ですよね!!それもサンジも。
血糊の量よりもダメージを受けたゾロの違和感は全員が判っている辺りとか。もの凄く良い作品ですよねーーーー!!!

そのDVD選択基準に大笑いしました。
とても同感込めて。
とにかくはこの回を素適な人が担当してくれた幸運に感謝しつつ(ア-ロンパークを曲解されたことには素直に腹を立てつつ)みせてもらってうれしいなと。

2008/11/30(日) 19:09 | URL | 鳥 #-[ 編集]
あの回は、
井上栄作氏が作監を担当してて、最近では神回だったと私も思います。
その次回で作監を担当したのは、映画ドラム王国編の作監も担当した舘直樹氏…この方有名な原作ファンで、絵の雰囲気が似てるのと、キャラの動かし方が巧いのとで、井上氏と並び注目してまする。
作画が良ければ傑作だとは思いませんが、やはり重要な要素である事は確か。
そんな訳で最近のワンピアニメは、井上氏と舘氏が担当してる回は、より注目して観る様になりました。
両氏ともクセが強く万人に好まれる絵じゃないですが、凄い絵を描いてやろうという意欲を強く感じられる点で、ファンの自分の目には好ましく思えるのです。
何時か井上担当回と舘担当回だけ抜粋したDVDシリーズが出たら、私は喜んで買います。

出来不出来の波が冬の日本海ばりに激しいアニメなんで、宝くじの如く当り外れを楽しみつつ観るのがコツかと。(笑)
2008/11/30(日) 15:44 | URL | びょり #lip3BFy.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かるら

Author:かるら
別名 鳥 。
三児の母。医療系職人。

最近の記事
最近のコメント
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
九星
リンク